横浜お散歩デートコース

山手は現代とは別世界

山手のメイン通り

(広告)
デート前の必需品です!口臭対策サプリメント【ブレスブロック】

 

明治・大正時代あたりの西洋文化の建築物が多く、「えの木てい」など

 

お洒落なカフェも点在する横浜の定番観光エリア

 

古き良き時代のゆっくり流れる時間を堪能できます

 

ほとんどの建物に無料で入れます

 

昔の人の生活ぶりを想像しながらゆっくりと見て回る施設群なので、

 

何か「すごーい」みたいな刺激的なものが必要な方には向かないエリアかもしれません

 



 

喫茶室巡りスポットでもあります

 

いわゆる最近のお洒落なカフェではなく、昔ながらの「喫茶室」という表現が相応しいお店が点々と存在します

 

これを巡るだけでも横浜らしさを堪能できるでしょう

 

有名なのは

 

 

この地区で最も人気なのは「えの木てい」です

 

人気スポットを堪能したい方

「えの木てい」へ

 

素朴な佇まい、緑の木々を堪能したい方

「エリスマン邸」

 

美しい庭、遠くみなとみらいのビル群を眺めながらの景色を堪能したい方

外交官の家」へ

 

ランチ、ディナーをしっかり食べたい方

山手十番館

 

エリスマン邸(元町公園内)

 

「現代建築の父」と呼ばれたA.レーモンドの設計。

 

絹糸貿易商エリスマン氏の私邸として1926年に127番地に建築された。

 

エリスマン邸

 

元のキッチン部分を改装して喫茶室となっています

 

公園の木々に囲まれたサンルームのテーブル席がおすすめです

 

ベーリックホール

ベーリックホール

 

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、J.H.モーガンの設計により1930年に建築。

 

戦前の西洋館としては最大規模を誇ります

 

玄関の3連アーチやガーゴイルのある壁泉、四つ葉型の窓などが特徴。
ベーリックホール

 

ベーリックホール

 

山手234番館

山手234番館

 

1927年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウス

 

1980年頃までアパートメントとして使用されました

 

洋風住宅の標準的な要素である上げ下げ窓や、鎧戸、煙突など

 

簡素な造りが他の洋館とは少し違った魅力です。

 

山手234番館

 



 

ブリキのおもちゃ博物館

 

ここは西洋館ではありませんが、TVにも出ている北原照久さんが館長を務める博物館です

 

懐かしいおもちゃが好きな人には良いでしょう

 

ここは入館料が200円かかります

 

ブリキのおもちゃ博物館

 



 

外交官の家

外交官の家
明治政府の外交官の邸宅として、渋谷区内に有ったものを移築したらしい

 

外観も中も本当に昔の上流階級の暮らしが感じられる建築物です

 

国の重要文化財

 

庭がすごいです

 

またここから遠くみなとみらいのビル群などの景色が見渡せます

 

山手がいかに高台に有るかが良く分かります

 

外交官の家

 

外交官の家
外交官の家

 

付属棟には喫茶室が設けられていて、外交官ブレンドコーヒーと手作りパウンドケーキが味わえます

 

時間があれば少しここで時間を過ごしてみてはどうでしょう

 

このあたりは「えのきてい」など都会のカフェでは味わえない素朴な喫茶店が多く、

 

この時代が止まった感じの空気が非常に心地良いのです

 

紅茶が大好きな人にはこの先の喫茶エレーナがおすすめです

 

港の見える丘公園から外交官の家まで見て回るとちょうどJR根岸線の石川町駅のあたりに出ます

 

このエリアをめぐると結構疲れるので、電車に乗って移動するか、

 

食事をするなら歩いて中華街というコースがおすすめです

 

山手地区の格安駐車場